睡眠の質を高める”1時間半”の深い眠りと3つのポイントとは?

Pocket

みなさん、こんばんは。
愛原 夢音です♪

 

心と体の健康を保つためのお得なメンタルヘルスケア情報をお届けする、音楽の処方箋。
今回は、ナカジマ薬局管理栄養士の横井ゆりさんに睡眠と美容について伺いました。

 

どうぞ最後までお付き合いください!

 

 










なぜ美容のためには睡眠が必要なのか

 

 

 

 

睡眠が美容に関係している、ということはみなさんもご存知ではないかと思います。
美容には睡眠が大事、ってよく聞きますよね。

 

なぜ美容のためには睡眠が大事なのかというと…

 

寝ている間に脳や体が休みモードになり修復されるからなんです。

 

修復されるのは、脳や体だけではありません。
脳や体と同じく、睡眠している間に肌も修復されています

 

そのため、美肌のためには睡眠時間の確保か大切になってきます。

 

そしてもう一つ、ホルモンバランスを整えるという意味でも
睡眠時間はとても大切なことなんです。

 

 



睡眠時間は人それぞれ違う?

 

 

 

「美肌に睡眠が大事っていうのはわかったけど、そもそも何時間くらい寝ればいいの?」

 

と思いませんか?

 

実は、ちょうど良い”睡眠時間は人によって異なります

体質や食生活にも関連するのですが、3時間くらいで平気という方もいれば
8時間寝ないとだめという方もいます。

ですがホルモンバランスを整えることを考えると
夜10時以降から2時の時間帯に寝ていることが重要です。

この時間帯は、いわゆるゴールデンタイムといわれるものです。

 

みなさんも一度は聞いたこと、ありますよね。

 

 



どのくらい寝るかは関係ない!良い睡眠を左右する”1時間半”

 

 

 

 

ゴールデンタイムに睡眠をとっていると、美肌にも良い。
でも寝たいのになかなか寝付けない…という悩みを持った方もいると思います。

 

「7時間は寝なきゃ…」

 

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は睡眠に大切なのは”どのくらい寝るか”ではないんです

 

量より質が大事ということになります。

 

なので、短期間でも質の良い睡眠をとればいいですし
長時間寝ていても睡眠の質が悪ければ睡眠の意味がありません

最近の研究では、眠ってからはじめの1時間半の間に深く眠りにつくことが
質の良い睡眠を作り出せると言われています。

この、はじめの1時間半にどれだけ深く眠れるかが
朝のスッキリとした目覚めにもつながってきます

 

 

 



睡眠の質を良くする3つのポイント

 

 

 

 

では、睡眠の質を良くするためには一体どうしたらいいのでしょうか?

 

睡眠の質を良くするためのコツはたくさんがあるのですが、
今回はその中から3つのポイントに絞ってお伝えしていきます。

 

睡眠の質を良くする3つのポイントとは、

 

  • 食事
  • 活動
  • 電気

 

です。

 

 

順を追って説明していきますね。

 

 

①食事

 

 

 

 

まず、1つ目のポイントは食事です。

 

これはどんな栄養や美容のテーマにも当てはまることなのですが、
バランスよく食べることが前提になります。

 

  • ご飯とおかずをしっかりとる
  • おかずには、肉、魚、たまごの中からどれか一つをとる
  • 野菜や海藻、きのこ類をとる

 

 

これらを心掛けるようにしましょう。

 

 

肉、魚、たまごといったおかずはタンパク質が多いので
積極的に摂取
するするようにしてください。

なぜなら、そのタンパク質が睡眠に必要なホルモンの一つである
トリプトファンの材料になる
からです。

タンパク質をとる=筋肉をつくるというイメージがある方も
いらっしゃるかもしれませんが、それだけではないんです。

筋肉をつくるなどいろいろな働きがあるタンパク質ですが、
睡眠をサポートするという働きもあります。

ですが、筋肉にしても睡眠サポートにしてもバランスよく食べないと
必要な場所で必要な働きができなくなってしまいます

ですから、ご飯も野菜もしっかり食べることが大切なんです。
バランスよい食事をとるのが重要な理由は、まさにここにあります。

 

 



②活動

 

 

 

 

 

2つ目のポイントは、活動です。

 

 

「運動じゃなくて、活動なの?」

 

 

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここでは、あえて運動ではなく”活動”とさせていただきました。

 

なぜ、あえて活動としているのか。

 

 

その理由は順に説明していきますね。

 

まず活動というのは午前中にどれくらい活動をしていたか、ということになります。

 

睡眠の質を高めたいと思っているなら、ぜひ寝る1時間、または30分くらい前に
軽いストレッチをしたり呼吸を整えるヨガなど緩やかな活動
をしてみてください。

日頃からの運動習慣かあればいいというわけではなく、運動習慣がなくても
日常のちょっとした活動で睡眠の質を高めることができる。

それをお伝えしたくて、運動ではなくあえて”活動”とさせていただきました。

もちろん、運動習慣はあるに越したことはありません。

できるだけ午前中に体を動かしたり、寝る前にちょっと緩やかな活動をする。
それを心掛けていきましょう。

 

 



③電気

 

 

 

 

 

 

最後、3つ目のポイントは…電気です。

 

 

「ん?電気ってどういうこと?」

 

 

と思いますよね?

 

 

実はこれ、結構大事なんです

 

 

みなさんは、部屋の電気を暗くするのは何時くらいですか?

 

「寝る直前だから、夜10時とか11時?」

 

 

と思う方もいらっしゃると思います。

 

でも、

 

「もっと睡眠の質を高めたい!」
「夜寝付けなくて困っている…」

 

という方は、夜になったら外の暗さに合わせて徐々に部屋の電気を暗くしてみましょう

 

すると体は、自然と”眠るモード”になっていきます。

 

これは自立心に働きかけて睡眠スイッチを入れる作戦なんです。

 

本当にねつけなくて困っている方や”薬に頼りたくないな…”という方は、
徐々に部屋を暗くする電気作戦をぜひお試しいただきたいなと思います。

これだと、意識すれば簡単にできそうですよね。

 

 

今からでもできることなので、ぜひみなさんも今日からやってみてくださいね。



まとめ

 

 

 

★寝ている間は体が修復モードになるため美容、美肌づくりには睡眠が大事

★人によってちょうどいい睡眠時間は異なるが、ホルモンバランスを考えると
夜10時から2時の時間帯は寝ていた方がいい

★また睡眠の質を高める3つのポイントは、

 

  1.  バランスの良い食事
  2.  午前中の活動と睡眠前のストレッチや軽いヨガ
  3.  夜は電気を暗くして過ごす

 

 

 

 

 

今回の内容については、ナカジマ薬局ホームページ、トップページにあります
News&Topicsにも掲載されていますのでそちらもチェックしてみてください!

 






この記事をSNSでシェア!

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。