「自分を信じて」櫻坂46の森田ひかるが”何事も経験が大事”と語る理由

Pocket

みなさん、こんばんは。
愛原 夢音です♪

 

皆藤愛子さんがパーソナリティーを務める
「YKK AP presents 皆藤愛子の窓cafe〜窓辺でcafe time〜」では、
ゲストともにのんびりくつろぎのカフェタイムをお届けします!

今回のゲストは、櫻坂46の森田ひかるさんです。

櫻坂46の1st、2ndシングルとセンターを務める
森田ひかるさんに新曲「BAN」について伺います!

さらに、窓cafeオリジナルメニューで
森田ひかるさんの素顔にも迫ります。

どうぞ、最後までお付き合いください!

 

 










 

森田ひかるが最近気になって仕方がないこととは?

 

 

 

 

櫻坂46の森田ひかるさんは、2018年坂道合同オーディションに合格。
欅坂46を経て、現在は櫻坂46の2期生として活躍中です。

櫻坂46は、2ndシングル「BAN」をリリースされたばかり。
森田ひかるさんは、1stシングルに引き続きセンターを務めています

 

ここで窓cafeオリジナルメニューをご用意しています。
ゲストの方にお好きなものを選んでいただいています。

メニューは、この3つです。

A メンバーに明かしていない秘密
B 自分だけのちょっと変わったルール
C 最近気になって仕方がないこと

 

森田ひかるさんが選んだのは…

 

C 最近気になって仕方がないこと

 

です。

 

森田ひかるさんが、最近気になって仕方がないこととは…

 

滑舌の悪さを改善する方法

 

なぜ、滑舌の悪さが気になるのかというと森田ひかるさんは
CMのナレーションやドラマのモノローグを録音することがありました。

そのときに、自身の滑舌の悪さを痛感

どうしたら改善できるのか、皆藤愛子さんに聞きたいと
思っていたようです。

“ら行”と”さ行”が特に難しい、と森田ひかるさん。

実は…皆藤愛子さんも、森田ひかるさんと一緒なんです。

全然アドバイスなんてできないですけど…と前置きした上で、
皆藤愛子さんはこう話します。

 

「本番が始まる前とかに、とにかく”さしすせそ さしすせそ” とか
“らりるれろ らりるれろ”をずーっと繰り返してます。」

 

その言葉を聞いて、森田ひかるさんから
“早速実践してみます!”との言葉が。

 

ナレーションに挑戦すること自体はとても楽しいと話す、
森田ひかるさん。

ナレーションなので顔を写すことはないのですが、
表情を変えると声色も変わるところが面白いようですね。

中でも、森田ひかるさんが難しいと思ったのは
新曲「BAN」の声の出し方。

「BAN」といっても、いろいろなバージョンのBANがあってBANという、
たった1つの言葉でも込められている感情や表情が全く違ってきます。

曲自体はすごく力強い曲なのですが、ちょっとふてくされたBANや
ちょっと力強いBAN、ちょっと明るいBAN
もあるのだとか。

いろいろなBANがたくさん散りばめられている今回のシングル。

みなさんも、ぜひ新曲の中にあるたくさんのBANを注意深く見て、
聴いてみてくださいね。

表情で声ががらっと変わる、その変化にも注目です!

 

 

 

 



森田ひかるが選ぶ”美味しい一曲”は?

 

 

 

ここからは、窓cafeもう1つのメニュー、「Music Drip」。

 

森田ひかるさんに日曜日のブランチタイムに聴きたい
美味しい曲をリクエストしていただきました!

 

森田ひかるさんがセレクトしたのは…

 

サカナクションの「忘れられないの」です。

メロディーがとても心地よくて、ブランチタイムには
とても良い曲
ではないかと思ったのが、この曲を選曲した理由です。

サカナクションの楽曲はよく聴くという、森田ひかるさん。

メロディーもそうなのですが、山口さんの歌声も
すごく素敵で毎日元気をもらっているとのこと。

 

みなさんもぜひ、聴いてみてくださいね!

 

 

 

 

 



欅坂から櫻坂へ改名 一歩踏み出してわかったこと

 

 

2018年に坂道合同オーディションに応募した、
森田ひかるさん。

無事合格し、欅坂46のメンバーとして活動をスタートされました。

アイドルとして実際に活動する中で悩んだことや
立ちはだかった壁はあったのでしょうか?

 



一歩踏み出してわかった”何事も経験が大事”という事実

 

 

まず、森田ひかるさんに大きな影響を与えた大きな変化は”改名“です。

みなさんもご存知の通り、欅坂46は櫻坂46に改名されました。

その改名も大きな変化ではあったのですが、
一歩踏み出してわかることもあるはず。

 

「人それぞれ悩みはあると思うけど、何事も経験

 

と、森田ひかるさん。

 

今経験していることが、きっとこの先役に立つと思うので
自分を信じて大切にしていきたい

森田ひかるさんは、そう考えています。

 



日記で素直に自分と向き合えば、悩みは解消する

 

 

でも、悩みの渦中にいるときは前向きに
なれないときも多くありますよね。

そんなとき、森田ひかるさんはどのように
前向きな気持ちを維持していたのでしょうか?

森田ひかるさんの前向きな気持ちを支えていたのは、
毎日書いている日記です。

日記には、自分の素直な気持ちを綴っているそうです。

ここでのポイントは、自分に素直になること!

メンバーといろいろな話をしたり、日記で自分の思いを
書いているうちに少しずつ悩みは解消されていったとか。

自分と向き合ったり、周りの人と共有したりすることが、
悩みを解消する一番の方法なのかもしれません。

ぜひ、みなさんも参考にしてみてくださいね!

 



グループ史上最高難易度のダンスに挑戦

 

 

 

櫻坂46は、新曲「BAN」を発売したばかりです。

2ndシングル「BAN」は、どんな楽曲に仕上がったのでしょうか?

「BAN」の特徴は、アップテンポなメロディーと
「Hey!」という掛け声です。

ライブやパフォーマンスでも盛り上がること間違いなし
楽曲になっています。

そして!

なんといっても、この曲ではグループ史上最高難易度のダンス
披露しています。

ぜひ、ダンスに注目してみていただきたいですね。

そんな難易度の高い「BAN」を、森田ひかるさんは
どんな気持ちでパフォーマンスをしたのでしょうか?

「BAN」の歌詞には、現実に起こりうるようなことも書かれています。

そのため、森田ひかるさん自身の中でストーリーをつくり、
それを大切にして毎回パフォーマンスをしている
そうです。

ミュージックビデオを見た方はわかると思うのですが、
とてもかっこいいです!

ミュージックビデオの撮影は、とても印象的な建物で行われています。
その建物があるのは、兵庫県の淡路島

建築家の安藤忠雄さんが手掛けた複合施設で、
ミュージックビデオを撮影しました。

 

このときのことについて、森田ひかるさんはこう話しています。

 

「本当に、すごく素敵な場所で。

一見、日本とは思えないような場所から始まるので
私たちもすごく楽しかったです。」

 

ミュージックビデオの撮影をしていて印象的だった出来事が、
森田ひかるさんにはあります。

それは、「BAN」の2番に入ってすぐのシーン。

最初に森田ひかるさんがソロで踊る部分があるのですが、
森田ひかるさんがソロで踊っているステージを高くしてもらったことで、
広い空の中を飛ぶ鳥のような感覚になったといいます。

鳥が好きな森田ひかるさんは、この演出にとても感動したのだとか。

ちなみに…

森田ひかるさんは鳥を見るのが好きで、
いつかは鳥を飼ってみたいと思っているようです。

ハシブロコウという動かない鳥にも興味があるご様子…。

“飼うとしたら、ブンチョウのようなかわいい鳥を飼ってみたい!”と
考えているそうですよ。

 

 

ここまで、櫻坂46の新曲「BAN」についてお伝えしてきました。

次回は、2ndシングル「BAN」のセンターを務める
森田ひかるさんが明かす今後の目標についてお伝えします!

お楽しみに♪

 

 

 

 










この記事をSNSでシェア!

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。