森田ひかる「いつかは世界へ」センターが語る櫻坂46の今後の野望

Pocket

みなさん、こんばんは。
愛原 夢音です♪

2ndシングル「BAN」のセンターを務める、
櫻坂46の森田ひかるさん。

センターがどうやって決まるの?
センターを務めるってどんな気持ち?

という疑問から、今年20歳を迎える
森田ひかるさんの目標にも迫っていきます!

さらに、櫻坂46の今後の野望とは…?

 

どうぞ、最後までお付き合いください!

 

 










本好きの森田ひかるのお気に入りの本とは?

 

 

 

皆藤愛子さんが、ゲストとともにのんびりくつろぎの
カフェタイムをお届けする、「皆藤愛子の窓cafe」。

今回のゲストは、前回に引き続き櫻坂46の森田ひかるさんです!
櫻坂46の2期生、森田ひかるさん。

先日、櫻坂46は2ndシングル「BAN」をリリースしたばかりです。

1stシングルに続き、2ndシングルでも森田ひかるさんは
センターを務めていらっしゃいます。

森田ひかるさんは最近、女性ファッション雑誌arで
「ヒカルノメ」という連載を始めました。

その中で、本が好きだと書かれていましたが…
森田ひかるさんは、昔から本を読むのが好きだったといいます。

学生の頃に、図書館の空間が好きで
頻繁に訪れていた
という森田ひかるさん。

そこで、本にもいろいろなジャンルがあって面白いと思うように。

それからは、図書館でいろいろな本を読むようになったそうです。

森田ひかるさんがどんなふうに読む本を決めるのか。

皆さん気になりませんか?

気になっていた本を調べて読む本を決めることもあるのですが、
森田ひかるさんは表紙のカバーの質やフォントに
一目惚れして買ってしまう
ことがあるそうです。

最近読んだ本で、森田ひかるさんが
とても気に入っているものがあります。

それは、「13歳からのアート思考」という自己啓発本です。

森田ひかるさんは自己啓発本をあまり読まなかったのですが、
ファンの方にオススメされたこともあって、
実際に買って読んでみるととても面白かったのだそう。

本の中には、アートにも触れられていたので
アートにも興味が湧いたとのこと。

みなさんも、「13歳からのアート思考」を
読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

こちらも参考にしてみてください!↓

 

櫻坂46センター・森田ひかる、女性誌『ar』で連載開始「いろんな一面をお見せしていきたい」 | ORICON NEWS

 

 



森田ひかるがドハマりしている2つの食べ物とは?

 

 

 

さて、ここからは窓cafeメニューで
森田ひかるさんの素顔に迫っていきます。

メニューいくつかご用意しています。

メニューはこの3つです。

A 私の宝物
B 食べ物の話
C 最近初めて○○した話

 

森田ひかるさんが選んだのは…

 

B 食べ物の話 です!!

 

森田ひかるさんはサラダは週に5回餃子は週に2回のペースで
食べるほど、餃子とサラダにハマっているんです。

餃子とサラダをずっと食べている、森田ひかるさん。
サラダの中では、チョレギサラダがお気に入り。

それでは、餃子は一度にどのくらい食べるのでしょうか?

これは少し前の話なのですが…

“ちょっと贅沢しよう”と思って、森田ひかるさんは
1度に15個も食べたそうです!!

 

これには、皆藤愛子さんも仰天!!

 

餃子のサイズは、小さめではなく普通のサイズ。

それを15個もペロリと平らげてしまったということですから…すごい!
意外と食欲旺盛ですね。

もちろん、餃子を楽しむときはご飯も一緒に。

 

餃子って、美味しいですからついつい手が
止まらなくなってしまいますよね。

 

 



森田ひかるが選んだ胸キュンソングは?

 

 

さあ、窓cafeもう一つのメニューが「Music Dessert」です。

甘酸っぱい、胸キュンでスイートな歌詞の音楽を
セレクトしてご紹介します。

森田ひかるさんの胸キュンの一曲は…
aikoさんの「ストロー」です!

この曲の冒頭には、“君にいいことがあるように
今日は赤いストローをさしてあげる”
という一文があります。

 

「その一文からすごく温かさが伝わってくる、
キュンとする楽曲かなと思いました」

 

と、森田ひかるさん。

 

歌詞が心に響く曲、Music Dessert。
森田ひかるさんが特に素敵だなと思う歌詞は、こちらです。

 

「君にいいことがあるように
今日は赤いストローをさしてあげる

君にいいことがあるように
あるようにあるように」

 

何度も繰り返されている部分ですね。

 

印象にも残りますし、”赤いストローを選ぶとちょっと
嬉しい気持ちになる”というaikoさんの気持ちが込められています。

この歌詞からは、”ちょっとした幸せをあなたに分けたい”という
温かみを感じるのでとても好きなのだそう。

 

aikoさんの「ストロー」、ぜひみなさんも聴いてみてくださいね!

 

 

 

aiko「ストロー」歌詞の意味とは?[王様のブランチ テーマソング] | リリカタ (ririkata.com)

 

森田ひかるさんは、aikoさんの曲をよく聴くそうです。

特に、KissHugという曲は仕事帰りの車の中でよく聴くといいます。

一日の終わりに、少ししんみりとしたメロディーと歌声を聞きながら。
みなさんもぜひ、KissHugも聴いてみてくださいね。

 

 

 



櫻坂46のセンターはどうやって決まる?

 

 

 

櫻坂46は、2ndシングル「BAN」を絶賛リリース中!

今回は、櫻坂史上最高難易度のダンスに挑戦しています。

「BAN」の歌詞は現実にもあり得るような、そして力強さもある
楽曲になっているので多くの方の心に響くこと間違いなし。

 

ここで、皆藤愛子さんから”センター”についての質問が。

 

まず最初に森田ひかるさんに投げかけられた質問は…

センターを務めるのは、どういう気持ちなのか?

ということ。

 

グループの真ん中に立つということは、
すごく大変だと思うこともあるといいます。

それでも、そこから得られるものはすごく大きい。

なので、一つ一つの景色を大切に丁寧にやっていきたい
そう、森田ひかるさんは話します。

 

それでは、自分がセンターだということはどうやって知るのでしょうか?

 

まず、楽曲が発売されることが決定したときに
全メンバーが集まります。

フォーメーションが発表され、一人ずつ名前が呼ばれていきます
センターは、最後に発表されます。

最後に残っているので、

「ああ、もう今回は参加できないかな」

という思いがよぎることも。

センターと言われたときは、いろいろな感情もごちゃまぜに…。

それでも、センターに選ばれたときは
言葉にできないほどの喜びを感じたそうです。

 

 



20歳の今年は「好奇心旺盛にチャレンジ」の1年に

 

 

森田ひかるさんは、今年7月で20歳を迎えられます。
これからの目標は、何なのでしょうか?

 

このことについて、森田ひかるさんはこう話しています。

 

「20歳は人生の中でも一つの区切りでもある年だと思うので、
毎日を大切にしたいと思いますしお仕事の面でも
好奇心旺盛にいろいろなことにチャレンジしていきたい
1年ではあると思います。」

 

 



櫻坂46の野望は「いつか世界へ」

 

 

そして最後に、櫻坂46の野望について教えていただきました。

 

森田ひかるさんが考える、櫻坂46の野望。
それは、櫻坂46というグループを世界中の人々に知ってもらうこと。

そして、いつかは世界のみなさんに会いに行くということ。

 

ちなみに、行ってみたい国はアメリカだそうです。
大きい国ですし、誰もが憧れる土地だと思います。

そんな夢と野望が、いつか叶うと信じて。

 

これからも、櫻坂46の動向をチェックしていきましょう!!

 

櫻坂46の最新情報は、
オフィシャルサイトをチェックしてみてください。

 

 

 

 

 










この記事をSNSでシェア!

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。