カードを紛失したら止めちゃダメ!今からやっておくべき3つのこと

Pocket

みなさん、こんばんは。愛原夢音です♪

今回は、クレジットカードを失くしたら
まずすべきことについてお伝えしていきます。

 

クレジットカードを失くしちゃった…!どうすればいい??とあたふたしないように、今から備えておきましょう!

 

ここでは、Kさんのケースからクレジットカードを紛失したらどうすれば良いのかをお伝えしていきます。

 

まずは、Kさんのケースを詳しく見ていきましょう!



 

クレジット・キャッシュカードが入っている財布を紛失!こんなとき、どうすればいい?

 

 

ある日、Kさんのもとに電話が一本かかってきました。
相手は、なんとKさんのお母さん!

ひどい落ち込んだ声の様子から、何かあったのだとKさんは思いました。
お母さんは、財布を無くしてしまって困っていると告げられました。

これは、大変なことですよね。
しかし、どんなに探しても見つからない。

Kさんのお母さんは、介護のデイサービスにしか行っていません。

デイサービスには財布を持っていかないので、
家にはあるはずなんです。

足が不自由なKさんのお母さんは、
ゴミ出しも自分では行けません。

そのため、いつもはKさんがゴミ出しに行っていました。

ですが、1週間前はKさんが出張だったこともあり
ゴミ出しも行っていません。

ということは…

財布は家から外に出ていない、ということになりますよね?

なのに、何時間探してもないというんです。

この事実からすると、絶対家にあるという感じはありますが…
実際には見つかっていません。

 



カードを止める手続きはすぐしない方がいい?カードを止めるより先にやらなければいけないこと

 

 

そして、Kさんのお母さんが探している財布の中身。
これは、現金で5000円ほど。

ただ、ここからが問題。財布の中には、クレジットカードと
キャッシュカード
が入っているんです。

カードを紛失したら、よくカードの利用を止める手続きをしますよね?
その止める作業、このケースではしてもいいと思いますか?

 

カードを止めれば安心だけど、今回のケースだと家の中から
出てきそうな気もする…

 

と思いますよね?

 

でも、ないものはない。

 

KさんもKさんのお母さんも、不安になるわけです。

 

ですが、Kさんはお母さんがどのカード会社のカードを
使っているのかを知っていました。

カード会社を検索し、紛失・盗難の問い合わせ番号に
電話をKさんはかけました。

Kさんが事情を話すと、
「すぐにお止めする手続きをしましょうか?」と言われます。

紛失・盗難のところですからね。

でも、財布が出てきたらその後の手続き面倒そうだから、
ちょっとだけ止めたいなと思う方もいらっしゃるかもしれません。

今回のケースは特に、そう思いますよね。

でも、止めるのはちょっと待ってください!

その前に、利用履歴を調べてもらいましょう。

カードの怪しい利用履歴がなければまず一安心ですし、
落ち着いて財布も探せます。

なぜ利用履歴を調べてもらうのかというと…、
財布を盗まれてカードが不正に利用された場合があるからです。

サイン不要のところでできるだけカードを使ってしまおうというのが、
カードでキャッシングされてしまう手口。

コンビニではサインは一定額まで不要なので、どんどんカードの
お金が自分の知らない間に減っていく…ということになって
しまうんですね。

中には、カードを盗まれて高速道路に乗られてしまったなんて事例も…。

クレジットカードを紛失したときに
1番大事なことは、利用履歴を調べること。

これは忘れてはいけません!

利用履歴を調べてもらうときは、本人である必要があります。

Kさんの場合は、カードをなくしたのは母親なので、
母親とカード会社の問い合わせ先とで電話で話をして
本人確認を済ませました。

利用履歴を調べてもらった結果、
怪しい利用履歴はありませんでした。

とりあえずは、一安心ですね。

そこで、落ち着いて財布を探そうということに。
程なくして、財布は無事見つかりました。

後日、Kさんのもとには母親から「心配かけてごめんなさい」との電話が。

 

よかった〜!

 

と、ホッとした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本当に、財布が見つかってよかったですよね。

 

こういうことは、みなさんの身にも起きないとは言い切れません。

とにかく、カードの利用履歴はすぐに確認できる状態にしておきましょう!

 



カードを悪用されないために普段からできる3つのこと

 

 

ネットの不正利用は残念ながら未だにありますし、使いすぎのチェックも頻繁に行うこともできます。

1ヶ月に1回、メールや郵便で送られてから確認するのではなくスマホでその都度チェックする。

これが大切です。

今回は、KさんではなくKさんの母親のカードの場合をお伝えしました。

Kさんの母親はスマホにお金を入れているわけではなかったため、Kさんは焦ったといいます。

ただ、Kさんがすぐに行動に移せたのには理由があります。

それは、どのクレジットカードを持っているのかを知っていたということ。

知っていたからこそ、すぐに検索して紛失・盗難の
問い合わせの電話番号に行き着いたんです。

スマホを使うのが難しい親御さんの場合は、最低限
どのカードを使っているのかを知っておくとスムーズに対処できます。

さらに、紛失・盗難のお問い合わせ番号を
あらかじめメモして持っておくというのも大切です。

それを持っていれば、失くしたときにどうすればいいかも
わかりますからね。

細かく利用履歴をチェックする。
そして、どのカードを使っているかを頭に入れておく

問い合わせ先の番号を、メモして持っておく

普段からこうしたことを行うのも、大切なことですね。

 

まとめ

クレジットカード、キャッシュカードを紛失して
慌てる前に今からできることは…

利用履歴をチェックする
どのカードを使っているか確認しておく
紛失・盗難の問合せ先のばんごうをメモして持っておく

普段から、カードの紛失、盗難に備えて準備していきましょう!

 

この記事をSNSでシェア!

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。