普通だから売れた?なぜファーストサマーウイカは大ブレイクしたのか

Pocket

みなさん、こんばんは。
愛原 夢音です♪

今回は、坂本美雨さんがパーソナリティーを務めるディアフレンズから。
ゲストは、ファーストサマーウイカさんです。

ファーストサマーウイカさんと坂本美雨さんは、実はとても深い仲!
東京に出てくるきっかけも、実は坂本美雨さんと関係している?

アイドルグループとして活躍しながら舞台や映画、
今では朝ドラにも出演するなど、引っ張りだこ!

ファーストサマーウイカさんのブレイクのきっかけや、
ソロデビュー曲「カメレオン」についても伺っていきます。

 

どうぞ、最後までお付き合いください!

 

 

ファーストサマーウイカはなぜ売れたのか?人気の理由とは

 

 

今回のゲストはソロとしては初めてになります。
今とても忙しいこの方、ファーストサマーウイカさんです!

ファーストサマーウイカさんは、
ディアフレンズには2013年、bisの時代にゲスト出演。

メンバーと一緒に出演していました。
それも、もう8年前の前の話。

その当時の写真が出てきた出てきたと、坂本美雨さん。
実はその写真に、ミニスカート姿の坂本美雨さんが…。

それを見た坂本美雨さんは、驚きのあまり愕然としたそうです。

 

「あの時代は何だったんだろう…」

 

と、坂本美雨さん。

 

ファーストサマーウイカさんも、8年という時の流れを
ひしひしと感じているようです。

 

連続テレビ小説「おちょやん」にも出演!

 

 

さて、話は変わりますが…

ファーストサマーウイカさんは、アイドルグループbisから
ビリーアイドルになり、現在はソロとして活動

そんなファーストサマーウイカさんの数多くある肩書が、
また1つ加わりました。

それが、女優です。

 

ラジオDJとしても活動していて多方面でご活躍の
ファーストサマーウイカさんは、自身でも
何をしている人なのかわからなくなってしまうほど
多くの肩書を持っています。

最近では、杉咲花さん主演の連続テレビ小説「おちょやん」
にも出演
していました。

これには、坂本美雨さんもびっくり!

当の本人は、「おちょやん」に出演した実感が全くないとのこと。
未だに、不思議な気持ちでいっぱいのようです。

ファーストサマーウイカさんがテレビで活躍するようになったのは、
2019年頃から。

ごくごく、最近ですよね。

 

日本テレビ「女が女に怒る夜」で大ブレイク

 

 

ファーストサマーウイカさんが大ブレイクしたきっかけは、
何だったのでしょうか?

大ブレイクのきっかけは、ビリーアイドルという
ガールズユニットをやっている頃に突如訪れます。

というのも、番組出演のオーディションの話が
ファーストサマーウイカさんのもとに舞い込んできた
からです。

それが、日本テレビの「女が女に怒る夜」という番組。

女性タレントが「こういう女性いるよね〜」という”あるある”話を
ゲスト同士で語るというものでした。

そのオーディションに、ファーストサマーウイカさんが
持ち前の関西弁を駆使して臨んだところ…見事、新人枠に抜擢!

それ以降、テレビ番組からのオファーが殺到
メディアに出ることが多くなってきました。

まさに、確変が起きたということですね。

いわゆる毒舌キャラの立ち位置で、バラエティーにも出られるように。

ファーストサマーウイカさんは、”自分でこうしていこう”と
最初から毒舌キャラを自分のキャラとして決めていたわけではありません。

そんなに”毒を吐いている”わけではないんです。

関西弁にのせてまくしたてることによって、
”毒舌っぽい”イメージを持ってもらえた

それこそが、ファーストサマーウイカさんが世間からも
メディアからも大注目されている要因です。

それほど攻撃的なことはあまり言わないという、
ファーストサマーウイカさん。

それでも、ヤンキーのようなキャラクターや関西の
”おばちゃん感”を世間が求めていた
ことが大ブレイクの
大きな要因になりました。

ラジオ番組に呼ばれることも多くなってきた、
ファーストサマーウイカさん。

持ち前の関西弁で毒舌キャラを確立させた
ファーストサマーウイカさんですが…

実はそれほど毒舌でもなければ、よく標準語を話しているといるんです。

それが、徐々に浸透してきているんですね。

「標準語で喋ってるのがバレてきた」と、
ファーストサマーウイカさん、思わず苦笑い…。

 

 

「普通」だからこそ見えてきた、なりたい自分

 

ファーストサマーウイカさんについて、坂本美雨さんはこう語っています。

 

「全ての人にリスペクトがあるし、ちゃんと根底にあるものが
わかっているからこそ、面白いんだろうなあと思うんですけど」。

 

坂本美雨さんは、ファーストサマーウイカさんの
観察力がすごい”と以前から感心していました。

一方のファーストサマーウイカさんは、テレビでの活動を通して
自分は秀でた人間ではない“ことを、この2年でさらに
感じることがあったそうです。

それは、「私は普通だな」と痛感したということです。

今までファーストサマーウイカさんが演劇や音楽を通して
出会った人たちというのは0から1を生み出す、いわば作品をつくる天才。

そんな人たちが、ファーストサマーウイカさんの
周りにはたくさんいました。

自分にできないことを、サラリとやってのける。

そんな人たちが周りにいたことが良い刺激となり、
ファーストサマーウイカさんは、その天才たちに
尊敬の念を抱いていました。

演者やパフォーマーとしても秀才な人たちが、
テレビの世界には数え切れないほど多くいた
んです。

そのとき、

あっ、私って本当に普通だな」と思うことがよくあったといいます。

 

才能のある人たちと一緒にいたり、そういう方たちと
仕事をしていると少なからず落ち込んでしまいますよね。

 

ですが、ファーストサマーウイカさんは違います

 

「あっ、私って普通だな」と思えたからこそ、
込み上げてきた強い気持ちがあったんです。

それは、天才の人たちと一緒に仕事をさせて
もらっているというありがたさ

でも、これだけではありません。

ありがたみを感じるとともに、

「天才の人たちができないことや彼らのゴールになるような
良いアシストができる人間になりたい」
と、
強く思うようになったといいます。

 

ここで、みなさん。

ファーストサマーウイカさんが女優としても
タレントとしても売れるようになった理由、何だと思いますか?

 

それは、”器用さ“にあります。

 

持ち前の”器用さ”を使ってみんなの助けだったり
アクセントになるような存在になれたらいいな、なんて
最近は思うようになりました」と、ファーストサマーウイカさん。

全体のことを見渡す力だけでなく、さりげなく気も配っている
そんなところに魅力を感じる人も、多いのではないでしょうか。

 

ファーストサマーウイカが姉と慕う坂本美雨

 

 

 

 

冒頭で、坂本美雨さんとファーストサマーウイカさんが
とてもとても深い仲だと述べましたが…みなさん覚えていますか?

坂本美雨さんとファーストサマーウイカさんは、
9年前に共演した舞台がきっかけで深い仲に

一緒にアイスやご飯を食べに行ったりもしたとか。
ちなみに、アイスはチョコミントです。

このときのことを、坂本美雨さんは今も覚えていました。

当時は30代に突入したばかりの坂本美雨さんでしたが、
遅れてきた青春のような充実した日々を過ごしていたといいます。

その舞台の中でも、ファーストサマーウイカさんの
観察力にはキラリと光るものがありました。

当時から、坂本美雨さんはファーストサマーウイカさんのことを
みんなのことをよく観察している頭の良い子だ”と思っていたそうです。

 

そして!こちらも、冒頭でチラッとお伝えしたのですが…

ファーストサマーウイカさんが東京に出てきた理由も、
実は坂本美雨さんに関係しているんです。

「本当に、美雨さんのおかげ!」と、
興奮気味に話すファーストサマーウイカさん。

 

ファーストサマーウイカさんにとって、
坂本美雨さんの存在はとても大きいものでした

東京にできた最初の家族であり、姉のような存在

ファーストサマーウイカさんが上京を決めた理由は、至ってシンプル。

坂本美雨さんという、そばにいると安心できる存在が
近くにいるということが大きかったようです。

全く知らない土地で生きていくというのはとても不安なことですし、
頼りたくても頼れる人がいないとなかなか決断ってできませんよね。

ですが、坂本美雨さんは「いつでも頼っていいよ」 と
温かい言葉をかけてくれました。

それが、ファーストサマーウイカさんの心にとてもしみたようで…。

お下がりの洋服をもらったり、食器をもらったりすることもあったとか。
引っ越しのときも助けてもらったことも。

坂本美雨さんは、

「本当にシンプルな感じで東京にやってきたから、大丈夫かな?と思って」世話を焼いていたそうです。

とても優しいだけでなく、坂本美雨さんのご自宅に招待して
振る舞ってくれた、なんてこともあったそう。

ファーストサマーウイカさんにとって、坂本美雨さんは東京の家族。
姉のように慕っていたから、今があるといっても過言ではありません。

 

頼れる人がいるというだけで、心は安定します。

それが、ファーストサマーウイカさんにとっての
坂本美雨さんということなんですね。

 

 

ファーストサマーウイカがソロデビュー!1stシングルは「カメレオン」

 

 

 

2月22日に、ファーストサマーウイカさんがソロデビューを果たしました!

ということで、ここからはその記念すべき1stシングル
「カメレオン」についてお伝えしていきたいと思います。

まずは、ファーストサマーウイカさんが
なぜソロで活動しようと思ったのかについてお話していきます。

2019年の年末にガールズユニット、
ビリーアイドルが解散になりました。

それからの1年間は、制作という面では音楽から離れて
テレビを中心に活動していたファーストサマーウイカさん。

そんなファーストサマーウイカさんに襲ってきたのは、喪失感

中学生の頃からブラスバンドや軽音楽部など、
趣味の範囲でもずっと音楽活動をしてきたのですが
ガールズユニットの解散に伴って突如音楽の活動が
できなくなってしまいました。

そこで、喪失感をファーストサマーウイカさんは感じることに…。

それでも、どうにかして音楽活動をしたい。
でも、今更バンドとかグループ組むのもちょっと大変…。

そこでファーストサマーウイカさんが考え抜いた末に
見出したのは、今までやったことのない”ソロで歌う”という決断でした。

それが今回、叶ったというわけなんですね。

作詞・作曲を手掛けているのは、
シンガーソングライターの阿部真央さん
です。

今回、楽曲提供を誰にしていただこうかと考えたときに
ファーストサマーウイカさんの頭にまず浮かんだのが、
阿部真央さんてした。

阿部真央さんは、ファーストサマーウイカさんとほぼ同世代。

嘘のない、自分に真っ直ぐに正直な歌をずっと
歌ってきた憧れの阿部真央さんにぜひ楽曲提供していただきたい

そんな思いで、ファーストサマーウイカさんは
阿部真央さんに依頼することにしました。

 

ファーストサマーウイカさん曰く、

「世間的に、本性がわからないっていうか。
本当のウイカってなんだろう、っていう。

この曖昧な部分を、いつも嘘のない歌を書いてきた
阿部真央さんが描いてくれると、どういうふうに
なるんだろうと思って、ご依頼させていただきました」。

 

初めて阿部真央さんと対面したファーストサマーウイカさんは、

「阿部真央さんの明るくアッパーな元気の出る曲がすごい好きなので、
そういうイメージでお願いしたいです」

 

と、阿部真央さんに伝えました。

 

すると、“ファーストサマーウイカさんがどういう人か
わからないと書けないから”と、まるで記者のように
たくさん取材を受けることに…!

そのあとにできた曲が、今回のデジタルシングルの
「カメレオン」という曲。

オーダーしたイメージとは違ったので
ファーストサマーウイカさんは驚いたそうですが…

この曲には、ファーストサマーウイカさんのことを
考えながらも阿部真央さん自身の考えを織り込まれています。

阿部真央さんがファーストサマーウイカさんに歌ってほしいと
思ったものをつくった結果、「カメレオン」という楽曲が
誕生したというわけなんです。

阿部真央さんは、「カメレオン」が誕生するまでの過程も
全部説明してくれたそうです。

ファーストサマーウイカさんにとっての、大切な1曲ですね。

これはロック調の強い曲ではあるのですが、歌詞を読んでいくと
いろんな側面のある一人の女性とどう向き合っていくかと
いうことを考えさせられる深い内容のものとなっています。

100%本当の自分がある方がいいのか、
それとも周りに合わせる方がいいのか。

いろいろな立場の人が考えられる、そんな歌詞になっています。

ファーストサマーウイカさんはテレビなどに出るようになって、
よく思うことがあります。

それは、いろいろな切り取られ方をするということ。

人は、他人を見るときに勝手に編集して
いいところや悪いところだけをみたりすることが多いですよね。

自分のいいように解釈したりもしますし。

反対に、自分自身も人と会うときに父親や母親と会うときと
友達と会うときとでは、全く顔が違いますよね。

人に会うたびに違う自分が現れたりします

それがいろんな色になって、多面性として現れてくる。

その場で馴染んだり、姿を変えるというところに
かかっていると、ファーストサマーウイカさんは解釈しています。

ミュージックビデオも公開になるので、
ぜひそちらもリリースされましたらチェックしましょう!

 

ファーストサマーウイカが思う、自分の好きなところは?

 

 

森永乳業カフェトーク。ここからは、ゲストの方にもっと
リラックスしていただこうというコーナーです。

 

ファーストサマーウイカさんへの質問はコチラ!

 

自分の好きなところは?

 

ファーストサマーウイカさんが思う、自身の好きなところは…

 

相手のいいところも悪いところも、すぐに見つけられるところ。

 

悪いことばかり目が行きがちなのですが、それと同じ分、
いいところも見つけることがてきる自負があるとか。

褒め上手と言われることも、よくあるそうです。
その反面、短所のようなところも同じくらい見つかることも…。

人を観察するところが、深く関係しているということなんですね。

それでは、悪い面に気づいたらどうしていくのか?

ファーストサマーウイカさんは、“悪い面というのは、
その人にとってはとても大切な個性であり味である”
と話します。

それが返って、いいところだったりもすると感じているようです。

 

テレビ番組で、

「ちょっとイラッとするところとかありますか?」
「こういう人いませんか?」

と聞かれることが多い、ファーストサマーウイカさん。

 

そんなときは、

「こういう人いたんですよ〜」というふうに、
その人に対して嫌な思いを持つのではなく、
“こういう人いるよね”という、エンタメに消化できる
ネタの1つにしてしまう
ということなんです。

その考え方に、坂本美雨さんの口からは思わず
「頭いいなあ!」との言葉が。

そう思うほうが、嫌いになることもないので楽しいとか。
面白いなと思う人がいたら、メモをすることもあるそうです。

ラジオでもバラエティーでも、求められるトーク力は膨大なもの。
出しているものが多い分、インプットがなかなか間に合いません。

そうなると、身近な人や嫌だなと思う出来事ですらも
大事なインプットになってきます。

「だから、みんなありがとうって思えるようになりました」と、
ファーストサマーウイカさん。

大事なネタをありがとう、と思えるようになった
その発想の転換が素晴らしいですよね。

そのおかげで、充実した毎日を過ごしているという
ファーストサマーウイカさん。

「ちょっと変わった人…みんな、ウイカのところに行こう!」と、
坂本美雨さん。

その人の個性を、全部拾って活かしてくれる
ファーストサマーウイカさんが、ますます多くの方々に
支持される理由がよくわかる気がします。

 

最後に、ファーストサマーウイカさんからのお知らせです!

 

ファーストサマーウイカさんのデビューデジタルシングルは
2月22日、猫の日にリリースされました!

猫の日に、カメレオンがリリース。

ファーストサマーウイカさんの今後の情報は、
ホームページやSNSをご覧ください!↓

 

ファーストサマーウイカ公式ホームページ

 

 

 

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!
次回もお楽しみに…♪

 

この記事をSNSでシェア!

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。